静電植毛加工

静電植毛による効果
基材に静電植毛加工を施すことにより、遮熱・断熱効果、湿気対策、結露防止、
反射防止、異音・ビビリ音防止、装飾、摩擦防止など、様々な効果が得られます。
またデザイン性にも優れており、様々な分野での応用が期待できます。
静電植毛加工( フロッキングシステム)とは?
高圧静電界における静電吸引力を利用して予め接着剤を塗布した基材に
短繊維(長さ0.3から1.2㎜前後にカットした繊維)を
垂直かつ均一に植え付ける技術です。
植毛加工の原理
当社独自の植毛槽へパイルを供給し
高電圧発生装置によって電界を通過すると
電界と平行にパイルが揃い静電吸引力により
予め接着剤を塗布した基材に垂直に植毛されます。
パイルの種類
ナイロン・レーヨン・アクリル・耐熱 (黒、グレー色は常時対応可)
静電植毛が可能な材質
プラスチック(ABS・PS・PP等)、金属(鉄・アルミ・ステンレス等)、
ゴム、紙全般(ダンボール・ボール紙等)スポンジ類、
発泡スチロール、木工品

静電植毛加工について
静電植毛の機能
静電植毛の反射防止機能

植毛加工の実績
製品名 納入先 型式
ヒーターキセ JR西日本 683系
ヒーターキセ JR九州 813系
ヒーターキセ JR九州 14系
ヒーターキセ JR九州 815系
ヒーターキセ 川崎重工 125系
ヒーターキセ 川崎重工 211系
ヒーターキセ 川崎重工 営団地下鉄
ヒーターキセ 川崎重工 3000(西日本鉄道)
ヒーターキセ 川崎重工 7050(西日本鉄道)
ヒーターキセ 川崎重工 683系
ヒーターキセ 近畿車輛 211系
ヒーターキセ 日本車輌 683系
ヒーターキセ 東武鉄道 9000系
ヒーターキセ 東武鉄道 10000系
ヒーターキセ 三菱電機(群馬) 西鉄
ヒーターキセ 湘南モノレール  
ヒーターキセ JR東日本 719系
前側防熱板 名市交 1000系
前側防熱板 名市交 3000系
前側防熱板 名鉄 5000系
防熱板 舎人線 300系
遮熱板 舎人線 増備車
ヒーターカバー 京成電鉄 AE100
     
     
Copyright© 福岡の外壁塗装 ISO9001取得 木村塗料 All Rights Reserved.